しばいぬ通信

  • しばいぬ通信
    黒柴センパイと赤柴コーハイが行く! 第1話「ごあいさつだ、ワン!」
    霜月
    21
    2014

    黒柴センパイと赤柴コーハイが行く! 第1話「ごあいさつだ、ワン!」

    皆の衆、お初にお目にかかる。ワシは黒柴の、「センパイ」と呼ばれておる。放浪の末たどり着いた上毛町に住んで、もう10年以上になるかのう。これから「しばいぬ通信」が始まるということで、挨拶させてもらうぞ。

    あれ? 黒柴センパイ、なにしてるの?

    こら、コーハイ! もう始まるぞ! 挨拶するんじゃよ。

    センパイたら、せっかちなんだから。
    みなさん、こんにちワン。赤柴の「コーハイ」です。シバ業界では、茶色のしばいぬのことを「赤柴」って呼ぶの、知ってたワン? ご主人と上毛町に越してきて、まだ1年なんだ。よろしくね!

    うむ、時にコーハイよ。この「しばいぬ通信」では、「上毛町に住むということ」や「空き家に住むということ」を色々考えて伝えて欲しい、という依頼なのじゃ。

    え? 別になんにも難しいことなんてないんだワン?
    普通に住めばいいだけワン。

    バッカモーン! そんなわけないじゃろ!
    実は、都会と田舎じゃ「家の借り方・買い方」や「上下水道・ガス」などのインフラ設備も大違いなんじゃ。地域の自治会活動やお祭りなども残っておるし、お主のご主人も去年は苦労しておったろう。

    キャイン! 確かに、うちのご主人も東京から越してきて、空き家を借りて住んでるけど、急に水が止まったり、お神輿があったり、はじめは分からないことがたくさんあったワン。

    そう、そこで我々の出番じゃ。上毛町が立ち上げたこのウェブサイトで、特に「空き家に快適に住むには」どうしたらよいのか、一緒に考えていくぞ!

    わかったワン。コーハイも勉強して、ご主人に色々教えてあげるんだワン。

    うむ。では、これからよろしく頼むぞ。
    しばいぬ通信、乞うご期待なのじゃ!